混合型頭痛の傾向を理解|専門医師に従って痛みからの開放

女性

思い込みで判断しない

痛みによって対応を変える

医者

薬を飲んでもなかなか頭痛が解消せず、病院に行っても効果が出にくい場合は混合型頭痛になっている可能性が高いです。混合型頭痛は、片頭痛と緊張による頭痛がほぼ同時に起きています。このため、緊張による頭痛を解消する方法をとるだけでは症状は改善しません。片頭痛を解消する方法と組み合わせて行う必要がでてきます。痛みを確認するところから始めるとよいです。緊張が原因となっている頭痛の場合だと、締め付けられるような痛みが起きていることが多いです。片頭痛の場合ですと、脈うつように痛くなる傾向が強いです。混合型頭痛ならば、どのような痛みかを知り対処することです。緊張によるものが強くなっているならば肩こりなどを解消するとよいですし、片頭痛に近いならば薬を飲み安静にすることで対応します。改善しない場合は、薬を飲みつつ緊張しているところをマッサージするなどして痛みの原因を解消していく必要があります。混合型頭痛になっていると、つい薬を多く服用してしまうことや毎日のように薬を飲んでしまうといった間違った対応をしてしまうことも多いです。薬に頼り過ぎてしまうと、効果がなくなってしまいますので適切な量を守って飲みできるだけ早く医師に相談することです。

緊張をとり血管を一定に

混合型頭痛は、緊張と血管が拡張することが関わっています。二つの原因を同時に取り除く手段として、整体が注目されています。ただし、きちんと混合型頭痛を理解している人物に治療を頼む必要があります。肩や首の緊張をとればいいというものではありません。緊張によるものが強くなっているのか、片頭痛によるものが強くなっているかを正しく判断してもらって適切に治療を受ける必要があります。薬に頼りすぎずに治療をすることができますが、混合型頭痛の場合効果がでるまでに時間がかかることも多いので、気長に治療することを忘れてはいけません。混合型頭痛には、ストレスも関わっています。ストレスが増えるということはそれだけ体が緊張している時間も増えますし、血管にも負担がかかります。緊張による頭痛と片頭痛が交互に起きやすくなり、より混合頭痛を悪化させる原因にもなります。なかなか治療が進まないと、イライラしてしまうことも増えていきますので気分転換できる方法を見つけておくとよいです。また、ストレスを減らすために睡眠をしっかりととり適度に体を動かすことも有効な手段です。きちんと特徴を知り、適切に対応していけば混合型頭痛でもきちんと治すことが可能です。