混合型頭痛の傾向を理解|専門医師に従って痛みからの開放

女性

二つの痛み

病院

頭痛にもいろいろな種類があり、その中でも混合型頭痛と呼ばれているものは、偏頭痛と緊張型頭痛が混ざりあっている症状のことを言います。そのために両方の頭痛の特徴を兼ね備えていますが、医学的には意見がまちまちで、はっきりと定義づけはされていません。偏頭痛と緊張型頭痛の両方の痛みを感じる混合型頭痛ですが、昨今ではこういった症状を訴える患者も増加しており、決して珍しい症状というわけではないようです。さらにもともと偏頭痛持ちであり、それに緊張型頭痛が重なったとしても、偏頭痛の方が痛みが激しいために緊張型頭痛に気づかないといったケースもあるようで、そういった意味では自覚のない混合型頭痛を発症している人もいるために、潜在的な患者数はもっといることになります。そんな混合型頭痛のおもな原因としては、はっきり言って一つだけに絞るということは難しく、人によってさまざまな原因で発症しているケースもありますし、偏頭痛もしくは緊張型頭痛のどちらか一つをもとから発症していて、それに対する間違った対処方法などで、もう一つの症状を誘発してしまうことなどもあります。他にも過度のストレスや薬の飲みすぎなども原因になることがあり、根本的には偏頭痛と緊張型頭痛の原因が、混合型頭痛につながることにもなります。そのために混合型頭痛に対しては、偏頭痛と緊張型頭痛の両方に対処する必要があります。そうなるとセルフケアではなかなか大変なので、医療機関を受診するのが一番の改善方法になります。よってしっかり医師のもとで正しい治療に励むようにしてください。

混合型頭痛の改善のためには、医師の指導に任せることが基本となりますが、一般的によく言われているケースとしては、治療しやすい緊張型頭痛を改善してから、続けて偏頭痛の治療に移るというパターンのようです。そもそも緊張型頭痛と偏頭痛の対処方法としては、基本的に正反対の対処方法です。たとえば緊張型頭痛の場合は温めてストレッチなどの軽い運動を実行するのが良いとされていますが、偏頭痛の場合は冷やして安静にするために横になるといったことが推奨されています。また緊張型頭痛と偏頭痛では、緊張型頭痛の方が完治しやすいと言われています。そのためにまずは緊張型頭痛から先に治療に入ることが多いのです。ちなみに緊張型頭痛に関しては、姿勢を正しくしたり骨格のゆがみを改善させるといったことや、食生活を整えて運動したり、ストレスを溜めずに生活リズムを規則正しくするといったことで、改善が可能とされています。また入浴やマッサージなどでも効果が期待できるようです。対する偏頭痛に関しては、緊張型頭痛に比べると改善が難しいことが基本です。それでも食事や運動といった生活習慣の見直しや、強い光や匂い、音や人込みなどを避けることが効果的とされています。しかしこういったことで改善しない場合は、無理をせずに医療機関で処方された鎮痛剤のような薬などを服用するようにしましょう。