混合型頭痛の傾向を理解|専門医師に従って痛みからの開放

女性

病院へ行こう

侮らないことが重要

カウンセリング

疲れが溜まっている時やストレスを感じる時、体調を崩していると感じる時に頭痛を感じるという人は多いのではないでしょうか。そのような時に多くの人は「たかが頭痛」と思ってしまいがちです。つまり、たかが頭痛と思えるほど、頻繁にもしくは長期にわたって頭痛を感じているという事にもなります。市販薬を使用することで、一時的には症状を緩和することが出来ますが、また痛みが繰り返されるようであれば、病院を受診したほうが良いでしょう。たかが頭痛であっても、その裏には病気が隠れている場合もありますし、市販薬であっても適切な方法で服用しなかった場合には副作用が生じることもあります。医療機関でも、以前はたかが頭痛という考え方がなかったわけではありません。適切な対応が出来ていないということがあったのも事実です。しかし、最近は頭痛外来を設けている病院も増えてきており、専門的な面から頭痛に対する治療を受けることが出来る機会も多くなっています。病院を受診する際には、どのような時に、どの程度の時間痛みが続くのかをあらかじめチェックしておくようにすると良いでしょう。また、市販薬を使用している場合には、どのような製品を使用しているのかも受診時に申告するようにしましょう。

痛みの特徴とは

頭痛と一口に言っても、様々なタイプがあります。それが、緊張型頭痛・偏頭痛・混合型頭痛の3つです。タイプにより、痛みの特徴は異なります。また、治療法・対処法についても頭痛のタイプにより異なります。間違った方法で対処すると、症状が和らぐことはない可能性がありますので、注意が必要です。緊張型頭痛は、締め付けられるような痛みに加えて、全身の倦怠感を感じるということがあります。一度発症すると、長期にわたって痛みが継続することも少なくはありません。次に偏頭痛があります。これは、脈打つような痛みが特徴であり、激しい痛みのために吐き気などの症状が伴うこともあります。激しい痛みはしばしば日常生活に支障をきたすことにもなりかねません。そして、この2つの特徴を併せ持つのが混合型頭痛です。混合型頭痛では、痛みの特徴などにより対処法が異なりますので、注意が必要です。なお、混合型頭痛では、緊張型頭痛と偏頭痛のどちらか一方の対策を講じただけでは不十分であることもあります。長期にわたって悩まされている頭痛の対策としては、たかが頭痛とは思わずに、それぞれの痛みの特徴に合わせて、早期に適切な治療を行うということが大切になります。